スペイン語

スペイン語のoírとescucharの違い

この記事ではスペイン語の聞くという単語、oír と escucharについて説明します。

同じ聞くという単語ですが、意味合いが違うので使うときは注意が必要です。

母国語でない言語の微妙な違いって非常に難しいですよね。
例文と一緒にoírescucharの違いを見ていきましょう。

実際にoírescucharを使ってみるのが一番理解できるので、この記事を読み終わったら早速会話の中で使ってみましょう。

「聞く」oírescuchar

このoírとescucharはよく似ているけれど違ういみの単語です。
日本語ではoírは「聞く」escucharは「聴く」という意味です。

Puede oír sin escuchar, pero no puede escuchar sin oír.
聞くことは聴かなくてもできるが、聴くことは聞くことなしには出来ない。

 

oír「聞く」

 

oírは五感の聴覚”耳”で聞こえるという意味の聞くです。

騒音や雑音、誰かの話声など、意識しなくても知覚できる音にたいしてoírを使います。

 

No te oigo.
Hay mucho ruido.

騒音があって君の声が聞こえないよ。

 

escuchar「聴く」

escucharは「聴く」の意味で、相手の言うことに理解しようと注意を払って聴くときに使います。

Escuha al profesor.
先生の言うことを聞きなさい。

 

¿Me estás escuchando?
私の話ちゃんと聴いてる?


→Te oigo, pero no te escucho.
聞こえてるけど聴いてないな。

→Te escucho, pero no te oigo.
聴いてるよ、でも聞こえないんだ。

entender「理解する」

聞いて「理解する」という意味では異なる単語、entenderやaprenderなどの単語を使います。

 

まとめ

  • oír
    聞こえる

  • escuchar
    注意を払って意識的に聞く

 

スペイン語話者はoírとescucharをしっかり使い分けて話しています。

2つの単語の違い知っておくだけで、相手の言っている意味をきちんと理解できるようになります。

話すときもoírとescucharの違いを理解しながら会話できるようになると細かいニュアンスまで説明できるようになりますね。