スペイン語

令和をスペイン語でなんて言う?意味は“hermosa armonía”!

 

2019年5月1日から平成が終わり、令和の時代になりましたね。
ここ数日で何人かのドミニカ共和国人に令和の意味を聞かれました。

さて、本当の令和の意味を詳しく説明するには、万葉集からの出典であるとか、
漢字の成り立ちや安倍総理の意図などいろいろ説明しなければならないかと思うのですが、
なかなかスペイン語で表現するには難しいという方へ。
外務省が新元号の令和(Reiwa)を英語でbeautiful harmonyに統一する方針であるということを聞きつけたので、スペイン語では何というのか気になったので調べてみました。

令和の英訳は”beautiful harmony”

外務省は新元号「令和」の意味を英語で表す際に「beautiful harmony(美しい調和)」に統一する方針を決めた。河野太郎外相が3日までに各国在外公館にこの方針に沿って対外的に説明するよう指示した。同省によると「令」を「命令(order)」と報道する海外メディアもあり、正しい解釈を促す狙いがある。
出典:日本経済新聞

それにしても私には令和(Reiwa)=Beautiful Harmonyにはとても訳さない。
というか訳せないのですが、安倍総理の記者会見時の談話の内容を再度見てみると
英訳はBeautiful Harmonyでいいのかなという気がします。

令和には人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められております。万葉集は1200年あまり前に編纂された日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく防人や農民まで幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります。
悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく、厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、令和に決定致しました。

令和の直訳ではないのですが、新元号に込められた安倍首相の真意をくみ取って簡潔に言い表わそうとすると”Beautiful Harmony”で落ち着くのではないかと思います。

あまりに簡単に訳しすぎて深みや威厳さが端折られてる感じも否めなくないですが、
外国人との会話の中では簡潔で意味が伝わりやすくて良いです。

令和をスペイン語では“hermosa armonía”と訳す

さて、令和を英語ではBeautiful Harmonyと訳すとすると、
スペイン語では”Hermosa armonia”となります。
意味は「美しい調和」とそのままです。

 

まとめ

令和を英訳すると”Beautiful Harmony”でスペイン語訳すると”Hermosa armonia”。
意味は「美しい調和」で、美しい心で文化と伝統を重んじながら平和な日本へと発展していってほしいという願いが込められています。

外国の人に令和の意味を聞かれたら日本人としてしっかり応えられるように覚えておきましょう!