スペイン語

スペイン語が聞き取れない人へおすすめ!子供用アニメで「スペイン語耳」と「スペイン語脳」を鍛えよう!

この記事ではスペイン語のリスニング教材としておすすめの子供用アニメを3つ激選しました。

スペイン語のリスニング教材って内容が堅苦しくて長続きしなかったり、難しくて着いていくのが大変だったりしますよね。

子供用のアニメなら使われている単語も簡単で、アニメの動きや歌に合わせて感覚的にスペイン語を学ぶことができます!

今回はスペイン語初心者でも聞き取れるように、未就学児が対象とされているアニメを選びました。
スペイン語も早すぎず、同じフレーズや文法が繰り返し使われているので、語学学習にピッタリです。

 

この記事はこんな人におすすめです。

  • リスニング教材が聞き取れない
  • 参考書の内容が難しくて分かりづらい
  • スペイン語の勉強が面白くなくて長続きしない

 

今回紹介しているアニメはすべてyoutubeの公式チャンネルで無料で見れるものばかりなのでぜひスペイン語の学習に取り入れてみてください。

アニメでスペイン語耳とスペイン語脳を鍛えよう

聞き取りができない、聞き取れないと内容が理解できない。理解できないと楽しくない。
スペイン語の勉強がマンネリ化、つまらなくなっていませんか?

机上での勉強も大切ですが、スペイン語を毎日生活の中に取り入れる事が重要です。

アニメなら動きやシチュエーションに合わせて、スペイン語を感覚的に理解することができます。

例えば、キャラクターがジャンプしたら、salta!salta!といってジャンプします。
単語帳を開いて飛ぶ=saltarと日本語で考えてスペイン語を覚えるのではなく、スペイン語で聞いてスペイン語で理解する「スペイン語耳」と「スペイン語脳」が身に付きます。

いろあす
いろあす
覚えにくい動詞の活用も耳で聞きながら自然と身に付きますよ

これから紹介する3つのスペイン語のアニメは子供用のアニメです。
簡単なスペイン語、使いやすい文法が繰り返しでてくるので生きたスペイン語を学ぶにはぴったりです。

気に入ったアニメがあったらスペイン語の学習に取り入れてみましょう。

1.POCOYO

スペインとイギリスの制作会社が共同で制作したアニメです。
キャラクターの動きに合わせて進行をナレーターがします。
ゆっくりで聞き取りやすいスペイン語が特徴で、このアニメなら絶対に絶対に聞き取れます!

学習用シリーズ(Aprende~)では数字や色、図形の形などを学ぶことができます。

 

ナレーターが進行していくので、「私」という一人称があまり出てきません。
アニメのほとんどが三人称で進行していくので、一人称をあまり聞けないのが残念です

2.CLEO & CUQUIN

メキシコの制作会社が製作した多くの童謡や民謡を替え歌にしてあるアニメです。

耳したことのある歌がスペイン語で流れるので、覚えやすいです。

 

3.Peppa Pig

イギリスの制作会社が製作した世界中で愛されるアニメ ”ペッパーピッグ” です。
日本でもオリジナルのグッズやアニメが放送されるなど、知っている方も多いと思います。

ペッパと弟のジョージ、ママ、パパを中心としたかわいい動物たちの世界が描かれています。

買い物に行ったり、学校へ行ったり、遊んだり、料理をしたり…と日常生活が描かれているので、自然なスペイン語、生きたスペイン語を聞くことができます。
驚いたり、考えたりしているときの表現など、教科書では学びにくい内容も自然に理解できます。

 

まとめ

  1. ゆっくりで聞き取りやすいpocoyo
  2. 民謡を使ってリズムで覚えやすいCLEO&CUQIN
  3. 生活で使える表現がたくさん出てくるPeppa Pig

を紹介しました。

どのアニメもシリーズがたくさんあるので、飽きずに見れると思います。
子供と一緒に見てもいいし、流し見して聞いているだけでもOKです。
毎日スペイン語に触れる環境を作ることが大切です。

ぜひ学習教材として取り入れてみてください。