育児

虫刺されによるアレルギー小児ストロフルスの処置方法

この記事では娘が小児ストロフルスにかかった経験をもとに、小児ストフルスとは何か、その処置方法について説明します。

子供のなかなか治らない虫刺されやどんどん増える湿疹で悩んでいませんか?

その蕁麻疹に似たぽつぽつの水ぶくれ、もしかしたら小児ストロフルスかもしれません。

こんな子は小児ストトフルスかもしれません

  • 強いかゆみを伴う水疱が一週間以上続く
  • 5歳未満
  • 最近蚊に刺されやすい場所で遊んだ

娘が1歳の時に小児ストロフルスにかかりました。
もともと蚊に刺されやすい体質で、いつも痒がって眠れない。
ずっとぐずっている状態で困り果てていました。
アレルギー反応が出ているとも分からず水疱瘡を疑っていましたが、小児ストロフルスという虫刺されによるアレルギーでした。

ストロフルスとは

1歳2か月の娘が突然の発疹、虫刺されだと思っていたら痒がって掻きむしって夜も寝れない状態。

ぽつぽつの水疱が手足に広がって水疱瘡を疑いましたが1週間たっても治らず、小児科で診察してもらったところ、小児ストロフルスであることがわかりました。

虫刺されに対する免疫がまだ不十分な乳幼児が、虫に刺されて過敏反応をおこし、刺された部分がしこりになって残る状態。とくにアトピー体質のある家系の子どもにみられる傾向があります。

出典:家庭医学館

 

免疫機能が未熟な乳幼児がかかりやすいとされていますが、免疫ができ始める5歳からは虫に刺されてもかからなくなります。

小児ストロフルスの症状

小児ストロフルスの場合、普通の虫刺されに比べて虫の唾液に対する強いアレルギー反応を示します。

虫に刺された箇所以外に強いかゆみを伴う湿疹が発生します。
湿疹の中心に水疱ができたり、しこりを伴うこともあります。

痒疹の症状は2週間~1カ月ほど続くとされています

いろあす
いろあす
娘は症状の緩和に1か月以上かかりました。

小児ストロフルスの治療

小児ストロフルスは、症状が軽ければ普通の虫刺されと同様に時間が経てば治ります。

掻きむしってしまいなかなか治らない、発疹や腫れがひどい場合は、皮膚科や小児科で治療を受けましょう。

小児ストロフルスの治療には主にステロイド外用剤、抗ヒスタミン薬の内服が中心となります。

娘への治療で処方されたものはステロイド外用薬、抗ヒスタミン薬の内服、抗アレルギー用の石鹸、そして生活指導です。

ステロイド剤を幼児に使用する時は必ず受信し、処方されたものを使うようにしましょう。
大人に処方されたものを使いまわしてはいけません。

とにかくかゆみの強い発疹なので子供はなかなか我慢できません。
かきむしらないようにお母さんが注意してあげましょう。

 

爪を短くする

まだ幼い幼児はかきむしってしまします。

爪も短く切ってかきむしりを予防してあげましょう。

ピジョン ベビーつめきりハサミ キャップ付(1コ入)【KENPO_12】
created by Rinker

 

長袖・長ズボンなどで悪化を防ぐ

子供が直接肌をひっかいてしまうと出血したり、ひどく悪化してしまったりします。
湿疹のある場所を洋服で覆ったり、手袋をつけるなどしてかきむしりを予防しましょう。

カーターズ パンツ 2枚セット Carter’s【正規品】無地 長ズボン 3m6m9m12m18m24m 男の子用 Baby Boy
created by Rinker

カーターズ ボディスーツ 長袖 半袖 Carter’s ベビー服 ボディースーツ 男の子 女の子 4枚 5枚セット 6m 9m 12m 18m 24m【ネコポス可】【子供服専門店 アメカジ ブランド セット 出産祝い 肌着 新生児 服 プレゼント 内祝い 幼稚園 保育園 入園入学 UV対策 秋冬物 acefad】
created by Rinker

部屋を涼しくする

汗をかいたり、体温が上がるとかゆみが増してしまいます。
部屋の温度を調節して症状がひどくならないようにしてあげましょう。

シャワーを浴びせる

かきむしってしまった個所から雑菌が入ると悪化してしまします。
こまめにシャワーを浴びたり、固く絞ったタオルで拭いてあげるなどして体を清潔に保ちましょう。

お風呂は温かいお湯で浴びると体温が上がって余計にかゆみが増してしまいます。
温度を調節してあげましょう。

まとめ

  • 小児ストロフルスは虫刺されによるアレルギー反応
  • 乳幼児がかかりやすい
  • 強いかゆみを伴う湿疹が特徴
  • かきむしり予防をしっかりする
  • 完治は1か月以上かかる
  • 5歳以降はかかりにくい

 

アトピー、アレルギー体質のこどもは特にかかりやすいとされています。
日ごろから虫よけ対策をすることで防げる病気かもしれません。
外遊びをさせるときは子供の遊び場所や服装に注意してあげましょう。