妊娠・出産

【2018年版】ドミニカ共和国で日本への出生手続きの方法

息子が生まれて1週間、在ドミニカ日本大使館に行き、出生手続きをしました。

大使館にはスペイン語と日本語が話せる職員が常駐しているのでスペイン語が上手に話せない方でも大丈夫です。

日本語で丁寧に対応してくれます。

 

必要書類を用意する

そろえなければならない書類は以下の3つです。 

  • 出生証明書
  • 病院の住所が記載されているもの
  • 日本人である親の本人確認書類

 

出生証明書

 

赤ちゃんが生まれたらド ミニカ共和国の市役所へ行って出生手続きを行い出生届を発行します。

今回の出生手続きに必要なのはInextensaという種類の出生届です。

必ず赤ちゃんの出生時刻が記載されているものを発行してもらってください。

 

 

病院の住所が記載されているもの

 

赤ちゃんが生まれた病院の所在地を記入する必要があるので、病院の住所が正確に記載されている書類を用意しましょう。

公的な書類である必要はありません。メモ書きでも大丈夫です。

 

日本人である親の本人確認書類

 

セドゥラまたはパスポートなどの、国籍がわかるものを用意します。

これは大使館に入館する際にも必要になるので忘れずに持っていきましょう。

 

携帯などのカメラ機能がついているものは大使館に入る前に回収されるので必ず紙媒体で用意しましょう

携帯のメモ機能や写真に撮っておくと持ち込めなくなってしまします。

 

大使館側に言われなかったが用意しておいて役に立ったもの

 

病院で提出された息子の出生情報

ドクターの名前を記載する必要があり、名前の綴りや苗字などがあいまいだったので役に立ちました。

日本の本籍地や世帯主などが正確に載っている書類

知っているつもりでも意外と忘れていたり、結婚して世帯主が変わっていたり、意外と正確には覚えていないものです。

戸籍謄本や住民票などが手元にある場合は役に立つかもしれません。

 

ドミニカ共和国での居住地と電話番号が正確に載っているもの

ドミニカ共和国での住所、電話番号も記載する必要がります。

夫と一緒に手続きをしに行ったので必要ありませんでしたが、一人だったら覚えていませんでした。

忘れてしまっていても入り口で携帯を没収されるので誰かに聞くこともできません。

引っ越したばかりの場合など、必要なかたはメモをもって行きましょう。

 

提出する

 

書類がそろったら手続きをします。

赤ちゃんが生まれた日から3か月以内に在ドミニカ共和国日本大使館へ行き、出生手続きを済ませましょう。

赤ちゃんは同行させる必要はありません。

印鑑があると便利ですが、捺印でもokです。

 

場所

 

在ドミニカ共和国日本国大使館

アクロポリと同じ建物内にあります。

入館するのにパスポートまたはセドゥラが必要になります。

 

時間

 

祭日を除く月曜日~金曜日

8:45-13:00 および 14:00-17:30

 

必要書類が多く、記入に時間がかかるので2時間は所要時間を見ておきましょう。

時間に余裕をもって行きましょう。

 

書類受理までの流れ

 

在ドミニカ共和国日本国大使館についたら入館前にタブレットや携帯などのカメラ機能のあるものはすべて預けなければなりません。

 

■入館する

日本大使館についたら右側のカウンターが日本語対応になっていますのでそちらに行きましょう。

 

■受付で書類を提出し必要書類に記入する

出生届を出す旨を伝え用意した書類を提出します。

日本へ提出用の出生証明書と赤ちゃんの出生証明書の翻訳、婚姻届けの3枚を渡されるので記入します。

 

スペイン語を日本語に訳すときに規則があるようで、何度も訂正しました。

分からないことがあったら書き損じる前に職員の方に聞くことをお勧めします。

書き損じた場合、訂正して訂正印を推すか、書き直しになります。

記入量が多いので書き損じるととても面倒です。(私は2時間半かかりました)

丁寧に書き進めるようにしましょう。

 

また、事前に子供の名前をどうするか決めておきましょう。

セカンドネームをつかるのか、漢字表記かカタカナ表記かなど。

苗字は日本名でないと登録できないので日本人の親の苗字を付けます。

 

まとめ

 

  • 出生3か月以内に在ドミニカ共和国日本国大使館へ行き手続きする
  • 必要書類はこの3つ
  • 出生証明書
  • 病院の住所が記載されているもの
  • 日本人である親の本人確認書類
  • 必要書類は紙媒体で用意しましょう
  • 子供の名前は事前に決めておきましょう(苗字は日本名のみ)

 

その年度や個人のバックグラウンドによって必要な書類が変わるかもしれません。

手続きを行う際は必ず事前に大使館に連絡して確認をしてください。

書類の不備等での責任は負えません。

あくまでのこのサイトでの内容は参考までに留めてください。