スペイン語

スペイン語の文法|現在完了を使えば過去にあったことを簡単に話せる!

スペイン語の現在完了についてお話しします。
現在完了は動詞を活用が少ないのに過去のことを色々表現できるスーパーマンのような用法です笑
過去形を覚えられなくてなかなかスペイン語で会話ができない方は、現在完了を使って話してみましょう。

いろあす
いろあす
「現在完了」は今すでに終わっていることを話すときに使いますよ。

現在完了を使って話せるようになると下のような表現を使って話せるようになります。

~した。
~したことがある。
ずっと~していた。
もう~しましたか?
まだ~していません。

では、どうやって現在完了を使ってスペイン語で話すのか見ていきましょう!

現在完了の作り方

スペイン語の現在完了形は Haberの現在形+動詞の過去分詞 で作られます。
Haberが不規則活用動詞なので、少し難しいですね。

ですが、Haberはとてもよく使う動詞なので主語と合わせて口に出して覚えましょう。
ドミニカ共和国(南米)ではvosotrosは使わないので表には載せていません。

haberの現在 + 動詞の過去分詞(性・数の変化なし)
tomar comer vivir
yo he tomado comido vivido
tu has tomado comido vivido
el ha tomado comido vivido
nosotros hemos tomado comido vivido
ellos han tomado comido vivido
 
現在完了で使われる過去分詞は男性単数(tomado)だけで、tomada,tomados,tomadasなどの他の形は使用しません。
なので、動詞の性、数の変化はありません。
 
 

例文

  • Yo he tomado una servesa.
    私はビールを飲んだ
  • Ella ha comido aguacate.
    彼女はアボカドを食べたことがある
  • Nosotros hemos vivido en japon.
    私たちは日本に住んでいた

 

男の子
男の子
トマード。コミード。ビビード。
全部「ード」で終わるんだね。

パパ
パパ
そう!主語が変わっても動詞の過去分詞形は変わらないから簡単だね。

現在完了の用法

現在完了の用法は様々です。
現在完了を使うと「~した」という近い過去、「~したことがある」という経験、「~している」という継続、もしくは「~した後である」という結果を表現することができます。

女の子
女の子
たくさんありすぎて分からなくなっちゃいそう…

パパ
パパ
そうだね。
でも「会話」の中ではドミニカ人も正確に区別して話しているわけではないからね。

一概に現在完了文の日本語訳や用法を決めることはできません。
前後の分の脈絡や話し手の意図によって意味が変わることがいつでもあります。

例文と一緒にどういう時に、どうやって使うのか見ていきましょう。

近い過去

話している人が近い過去だと思う時点の出来事や行動を表します。
一般的に「今週」や「今年」などの今の時点を含む表現が含まれていると現在完了が使われます。

hoy 今日 esta semana 今週
esta mañana 今日の朝、午前 este mes 今月
esta tarde  今日の午後 este año 今年
esta noche 今晩 este siglo 今世紀

 

話し手次第で現在完了で話すかどうかが決まります。
話し手が最近のことだと思えば現在完了形で話したらOKです。
話し手が昔のことだ、ずいぶん前のことだと思えば他の過去を表す言い方でいえばいいので、「間違い」というのはありません。

いろあす
いろあす
現在完了形なら動詞の活用が簡単だからスペイン語を勉強したての時はいつもhe ーadoで話していましたよ

特に近い過去を表すときには実際にスペイン語を母国語としている人たちも点過去と現在完了の区別をあまりしていません。
なので、現在を含む最近のことを話すときは点過去を使って話しても、現在完了形を使っても間違いはありません。

ただし遠い過去を話すときは現在完了は使われません。

例文

Esta mañana he ido al dentista.
今朝は医者に行ってきた。

Este mes no ha llovido nada.
今月は雨が降っていない

 

経験「~したことがあります。」

現在までの経験を表します。

以下の表現と一緒に使われることがあります。

alguna vez いつか nunca 決して~ない
una vez 一回 muchas veces 何回も
varias veces 数回 alguna … 何か~
 
 

例文

  • ¿Han estado alguna vez en Venezuela?
    あなたたちはベネズエラに行ったことがありますか?

    — No, no hemos estado nunca allí.
    いいえ、一度もありません。

  • He ido muchas veces en el Prado.
    私は何度もプラド美術家に行った。

 

継続「現在までずっと~していました。」

現在まで継続していることを表します。
時間を表す単語と使われることが多いです。

例文

He estado de pie estas tres horas.
私はこの3時間ずっと立っていました。

 

完了「すでに~しました。」

「もう~しましたか」「まだ~していません」のような会話を現在完了で表します。
多くの場合、todavía(まだ)やya(もう)などと一緒に使われます。

例文

¿Ha terminado ya el programa de televisión? — No, todavía no ha terminado.
そのテレビ番組はもう終わったの?
いや,まだ終わってないよ。

 

 

まとめ

現在完了は Haberの現在形+動詞の過去分詞 で作られます。

現在完了を使って話せるようになると下のような表現を使って話せるようになります。

~した。
~したことがある。
ずっと~していた。
もう~しましたか?
まだ~していません。

意識して相手の会話を聞いていれば、現在完了をたくさん使って話していることに気づくと思います。

私はスペイン語を話し始めの時は he ido~,han venido~,ha terminado~ など、いつも現在完了を使って話していました。
過去形を覚えられなくてなかなか会話ができないと悩んでいる方は、現在完了を使って話してみましょう!