育児

専業主婦が思う子供が生まれる前にしておけばよかったこと3つ

結婚してすぐに子供ができたので花嫁修業をする間もなく育児に追われる日々を暮らすことになりました。
自分の自由な時間が持てなくなってみて、やっておけばよかったと思うことがたくさんあります。

まだ独身だったり、子供を授かる前の女性の皆さんには私みたいな後悔をしてほしくないので、
子供が生まれる前にしておけばよかった3つのことをまとめてみました。

少しでも参考になればうれしいです!

勉強

自分のスキルアップのための勉強や、専門性を身に着けるためのセミナーなどの自己投資、運転免許の取得などをしておけばよかったと思います。
個人的には語学ですね。
もっと語学学校に行ったり、試験を受けたりすればよかったと後悔しています。
独学でも子供がいるとノートを広げて勉強できる時間も無くなるので、
身軽な内にどんどん外へ出て学びましょう。

結婚後や子供がいると一人で外出したり、個人的な時間を捻出するのがとても難しくなります。
不思議なもので、時間があるときは勉強の面白さが分からないのですが、勉強する時間がなくなると急に勉強欲が沸いてきます。
積極的に様々なコミュニティやセミナーなどに参加してみるのもいいでしょう。

花嫁修業

料理にはじまり家事全般、礼儀作法や教養、言葉遣いなどの自分磨きを結婚前にしておくべきでした。結婚後では遅いです。
少しの間でも一人暮らしをしておけばよかったです。
ゴミの捨て方や水道光熱費をはじめとした家計管理術など、実家暮らしではなかなかわからないこともたくさんありました。
ましてや国際結婚ですから、慣れないことを違う文化の中でしなければならないのは大変でした。

結婚すると私個人というより、○○の奥さんや○○ちゃんのお母さんという肩書で呼ばれる機会のほうが多くなります。
夫や子供のためにも必要最低限の教養やマナーは身に着けておきたいものです。

特に海外暮らしをしていると、日本の文化や風習について聞かれることも少なくありません。
日本にいるとき以上に日本の文化について考えさせられます。
日本人として日本について聞かれて”わかりません”では恥ずかしいです。
今からでも少しずつ勉強していきます。

花嫁修業は花嫁になる前にする必要があるということをもっと早くに気づくべきでした。
まだ時間に余裕がある方はお金をかけなくてもいいので、少しずつ花嫁修業、自分磨きをすることをお勧めします。
自分磨きというと、さもサロンに行くとか、質の良いものを身に着けるなどの外面磨きに目が行きがちですが、そうではなく内面美を磨くことを意識して、良い妻良い母になれるように頑張りましょう。
結婚後に必ず自分の身を助けてくれるでしょう。

自己管理能力を身に着ける

時間の使い方や生活目標をもって生活すること、
けじめをつけることや自分を律することのできる理性も時には必要です。

家事と子育てで時間がないので時間の上手な使い方や自己管理がとても重要になります。
休めるときにしっかり休むとか、やるべきことを優先するとか、当たり前のことが意外と難しいんです。

独身時代に自己主管能力を身に着けておければ子育て中でもさらに充実した日々を送れるとことでしょう。

まとめ

  • 時間が必要な資格取得や免許取得、スキルアップのための勉強など、身軽な内に勉強しておきましょう。
  • マナーや教養、生活術を学ぶなど、花嫁修業は結婚前にしておくべし!
  • 生活習慣はすぐには変えられません。日ごろから自己管理を怠らず、規則正しい生活をするように心がけましょう。

素敵な家庭を守る女性としてより輝くために独身時代にやっておけばよかったこと3つを紹介しました。
結婚前に培ったスキルや教養、能力は必ず結婚後に自分の身を守ってくれる武器、盾になります。時間を無駄にせず、できることから始めてみましょう!